NC自動バリ取り機

バリ取り・仕上げ工程が新たな進化を遂げた。
パンチプレス、レーザー加工後に最適!

板金加工においては加工機械の進化により工程集約が進み、薄板板金における成形・小曲げ加工後のバリ取りやレーザー加工時に発生する、切断部のエッジやドロスの除去が課題となっています。

「ブラシ回転による削る」方式から「ブラシ回転により叩いて除去する」方式を採用することにより安定したバリ取りを実現しました。ブラシの多様な動きにより、ワーク全域に均均一した除去効果をもたらし、安定した加工品質を実現しました。またこの方式により表面処理鋼板やステンレスなどの表面を傷めずにバリやエッジを安定して除去することが可能となりました。

幅広い素材・ワーク形状に対応するバリ取り機として、お客様の課題解決にお役にたてる1台です。

あらゆる形状に対応

抜き・レーザー加工のあらゆる形状に対応
バリ・エッジの除去やR仕上げが可能。ワークの変形及び2次バリは発生しません。

バリ・エッジの状態に応じて2種類のブラシを用意
ハードなレーザードロスからソフトな抜きバリまで対応できる2種類のブラシバリエーションがあります。

表面キズを最小限に抑えバリを除去
ワーク表面のキズを最小限に抑え、表面処理鋼板及び保護 シート付のワークも可能です。

小物・非磁性体も問題なし
ワークコンベアは吸着方式で小物・非磁性体ワークも可能です。

ブラシ交換を工具レスで対応

ブラシ長自動測定機能付〈ブラシ磨耗を自動補正できる〉

ワーク幅は最大1000mm

当社の製品は、MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)に展示しています。
「MOBIO」大阪府と関係機関が運営する中小企業のためのものづくりに関する支援拠点

スギクオリティー工業株式会社

お問い合わせは、こちらから

〒581-0818 大阪府八尾市美園町4丁目70-2
TEL.072-994-0808 FAX.072-994-0809